夏休みの思い出

2019年作

時々思うんだ。田舎暮らしをしていた小学3年生の頃、漏れにとって充実してたなって。その時は友達もいたし。

あの夏の木漏れ日、空、太陽、友達までもが漏れの宝物だったね。もう全てが宝物だよ。

駄菓子屋で買ったあたりつきのアイス。初めて当たったときは友達の中で大はしゃぎしたなあ。友達、それを見て笑うんだ。「アイスなんてあたるだろ?」って。

転校してきた子がいて馴染めなかったんだ。その子を無理やり誘って遊んだときもあったね。漏れもさ、「迷惑じゃない?」って声かければよかったんだけどその時は遠慮知らずだったからなあ。でもその子は毎回遊びに誘うようになって記念に海外で買ったキーホルダーもくれたんだ。今は疎遠になってるけど元気かな。

アイスの棒、ステッカー、キーホルダー、その時集めた漫画、全てが宝物で今でも持ってるよ。

でも今は、漏れは期間工だ。日雇いで働いていつ首が飛ばないか、いつ働けなくなるか、毎日怯えてる。学がない今、同級生とは、友達とは比べ物にならないくらい差がついてしまった。

友達は結婚していつの間にか疎遠。偶に合うやつもいるんだけどな。 何が悪かったのかな〜。漏れもな〜。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です